ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

アップル製品・サービス関連のレビュー

iPadがゴーストタッチ(何もしていないのにタップ)される現象が出たら試すべき4つの修理方法

投稿日:

我が家のiPad mini2買ってからは今年で4年目になりました。

私は普段使いませんが先日、家族が使っていたところ

「画面を全く触っていないのに画面が勝手にタッチされる」

といった怪奇現象が発生しました。

今回はこのような事例「iPadのゴーストタッチ」が発生した場合の解決方法を紹介していきます。

iPadのゴーストタッチがでたらやるべきこと

ココがポイント

まずは再起動 & 画面に異変がないかチェック

とりあえず困ったら再起動!

これはiPadに限らずパソコンなど全ての電子機器類に当てはまる対処方法ですね。

それとiPad、iPhoneの画面を見てください。

画面が割れていたりしませんか?

ココに注意

ソフトウェアアップデートで解決

あなたが今お使いのiPadのバージョンはいくつですか?

現在、iOS の最新バージョンは13. (2020年1月 日時点)

現在のiPhone、iPadのバージョンを確認する方法は

step
1
設定

step
2
一般

step
3
ソフトウェアアップデート

で確認できます。

ゴーストタッチの原因がソフトウェアアップデートで解決できるなら言うことなしですが、この症状が解決しなければ8割9割ディスプレイが物理的なダメージを受けている可能性を疑いましょう。

ココがポイント

メモアプリでチェック

これまで紹介した方法で解決しなければ最終手段でアップル純正のメモアプリを使いましょう。

少し前置きが長くなってしまいましたが最初からメモアプリで確認していただいて構いません。

やり方

メモアプリを立ち上げる。

文字入力ではなく手書き入力を選択。

なるべく蛍光ペンみたいな太いペンを使用すると原因の箇所を探りやすいです。

そのまま放置するとお化けが勝手にラインを引いてくれます。

上の写真のように画面の一部が勝手に塗り潰されていきます。

あまりにも不思議だったで途中、マーカーの太さや色を変えて試してしまいました。

どうやら我が家のiPadは画面のこのあたりが故障しているようです。

このラインはちょうど横向きにすると「にゃんこ大戦争」でボタンをよくタップする箇所。

TERU
息子がにゃんこ大戦争をやりすぎ疑惑がありますが我が家のiPad miniは4年選手なので寿命ということにしておきましょう。

iPad miniを修理しようか買い替えようか悩み中

我が家のiPad miniは第二世代。

普通なら買い替えますが子供がいる手前、物を大切に使うことも教えなければなりません。

しかし、いつまでも遅くて古い端末を使い続けても仕方ありません。

一応、修理費用と新しく最新のiPadを買い替えた場合の価格をまとめてみました。

iPadの修理費用

iPad ProAppleCare+ サービス料保証対象外修理サービス料金
iPad Pro 12.9 インチ (第 3 世代)4,400 円69,800 円
iPad Pro 12.9-inch (第 2 世代)4,400 円63,800 円
iPad Pro 12.9 インチ4,400 円63,800 円
iPad Pro 11 インチ4,400 円53,800 円
iPad Pro 10.5 インチ4,400 円48,800 円
iPad Pro 9.7 インチ4,400 円40,800 円
iPad miniAppleCare+ サービス料保証対象外修理サービス料金
iPad mini 54,400 円31,800 円
iPad mini 44,400 円31,800 円
iPad mini 34,400 円31,800 円
iPad mini 24,400 円21,800 円
iPad mini4,400 円21,800 円
iPad AirAppleCare+ サービス料保証対象外修理サービス料金
iPad Air 34,400 円40,800 円
iPad Air 24,400 円31,800 円
iPad Air4,400 円26,800 円
iPadAppleCare+ サービス料保証対象外修理サービス料金
iPad (第 7 世代)4,400 円26,800 円
iPad (第 6 世代)4,400 円26,800 円
iPad (第 5 世代)4,400 円26,800 円
iPad (第 4 世代)4,400 円31,800 円

2020年1月25日現在

アップルの公式サイトより引用

我が家のiPad mini 2は保証が切れてしまっているのでアップルに修理を依頼した場合、21,800円かかることがわかりました。

古くて遅い端末を21,800円かけて修理しても正直どうかなと・・・と悩んでしまいます。

女役
iPad mini 2がデッドストックなためAppleの修理工場に在庫がなくiPad mini 3にして返却させていただきます。

みたいな対応だったら喜んで交換してしまいますが・・・

ゴーストタッチの修理を諦めるなら新品を購入すべし

Appleの新製品でありがちなのが、

怪しい人
「前作よりも処理性のが3倍アップ。解像度も〇〇テクノロジーで前作よりもベリービューティフルになりました」

みたいな謳い文句。

今、自分が大切に使っている端末を数字を使って比較し切り捨ててくるのです。

 

ちょっと寂しいですが最新の端末に買い換えれば素晴らしい体験ができるので買い替えもアリです。

Apple製品は腐ってもアップル。

壊れていても売るときにはリセールバリューがあるところがいいですね。

まさかのゴーストタッチ現象が治った

これまでの流れだとiPadを買い替えるということになっていましたが我が家のiPad mini 2はある日を境にゴーストタッチの不良が突然出なくなりました。

ですが、これといって何もしていません。

最新のiOSにバージョンアップして治らずそのまま放置。

バッテリーが完全に放電され再度充電後に立ち上げたらゴーストタッチの不具合は治っていました。

我が家のiPadが特殊なケースで全ての端末で治る保証は一切ありません。

またバッテリーを放電(完全に使い切る)したことが本当の原因かわかりませんがiPadのディスプレイが勝手にタップされる現象がもし起きたらお試しください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TERU

静岡県在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中!FacebookとTwitterもやっています!プロフィールを見る

-アップル製品・サービス関連のレビュー

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2020 All Rights Reserved.