ニューガジェット三昧!

多趣味なライフスタイルを綴ったガジェット系ブログ。 スマホ、タブレット、PC、クラウドファンディング、中華ガジェット、電動スケボー、ロードバイク、副業など多岐にわたる話題をお届け!

スマートウォッチ・スマートバンド

「XIAOMI MIJIA QUARTZ SMARTWATCH」をレビュー!

投稿日:

これまでスマートウォッチやスマートバンドをいくつか買ってきましたがデジタルではない針のついた時計が欲しくなってきました。

実はロレックスも持っているのですが機械を触る仕事をしているのでぶつけたり傷がついてしまうのが怖いので気軽に使えてスマートウォッチ機能がついている時計を探していたところXIAOMI MIJIA QUARTZ SMARTWATCHを発見しました。

(MATE 20 PROで撮影しています)

その名のとおり中国の総合家電メーカーであるXiaomi製のスマートウォッチです。

実はこの商品最新ではなく1年ほど前から発売されていました。

以前から気になっていたものの、地味すぎで機能が少ないことから眼中にありませんでした。

しかし、アナログ時計が欲しくなった今、値段も安く買えるので購入することにしました。

6つの機能しかありません

このXIAOMI MIJIA QUARTZ SMARTWATCHには、6つのスマートウォッチ機能しか搭載されていません。

6つの機能

自動調整

世界時計

万歩計

コールリマインダー

インターバルリマインダー

目覚まし時計

物欲と煩悩にまみれている私にこんな「精進料理」のような味気のない時計が、果たして満足させてくれるのだろうか?

この時計をつけることで商品哲学を学び物欲と煩悩を断ち切れと語りかけられている気分になりました。

この時計は「ZEN WATCH」に商品名を買えたら売れそうですが、すでにASUSで商標登録されていたことに気がつきました。

という訳で今日から私は修行僧になります(意味不明)。

開封の儀

 

今回、私は中国の通販サイト「GEARBEST」で購入しました。

数年前までの中国からの通販は最短納期2週間。

商品が届くまで1ヶ月かかるというのが当たり前でしたが今回は1週間半ほどで商品が届き進化に驚かされました。

商品を開けると写真と同じ状態でXIAOMI MIJIA QUARTZ SMARTWATCHが格納されていました。

中身は時計本体と取説が付属しているだけの本当にシンプルな構成となっております。

文字盤の数字は書かれていません。

数字の書かれている部分は歩数計となっています。

HANDS ON!

 

左側のスマートバンドはXiaomiのスマートバンド「Mi Band 3」です。

XIAOMI MIJIA QUARTZ SMARTWATCHで足りない情報はこちらで補えばいいかと思い片手に2つ装着してみましたがXIAOMI MIJIA QUARTZ SMARTWATCHの方が大きく不自然です。

「おっと、そういえば私は修行僧だったはず。こんなよく深いことを考えていたら煩悩は断ち切れませんね。」

という訳でMi Band 3は当分外しておくか反対の手に装着することにします。

何度も書きますが無駄を削ぎ落としたシンプルデザインで視認性がいいです。

Mijaマークがもっと別の何かのロゴにしてくれればもっといいです。

でもそれじゃ何なのかわからないですよね。

時計の背面には、慣れ親しんだ心拍数センサーがついていると思いきや、当然のごとくありませんでした。

いかに私がスマートウォッチ中毒なのか毎度、再認識させられます。

厚みは一般的なクオーツ式腕時計に比べれば若干厚めな印象です。

文字盤が大きいので不自然な感じは全くなく重さも気になりません。

バンドの質感はペラくてチープな印象

 

バンドはレザーですが薄くて数年で切れてしまいそうで心配です。

強く折り曲げると上の写真のようにシワができてしまい心配になります。

必要があればバンドを交換した方がいいかもしれません。

ベルトの幅は20mm。

 

 

NATOベルトやブラウン系の本革ベルトがマッチしそうです。

スマホとのペアリングに苦戦

XIAOMI MIJIA QUARTZ SMARTWATCHを使用するにはシャオミ謹製のMi Homeアプリをスマホにインストールし同期させなければなりません。

Mi Home
Mi Home
Developer: Xiaomi Inc.
Price: Free

初回は時計側面のリューズ部分を長押ししBluetoothで接続します。

 

タイムゾーンで東京を探してみましたが見つからず、大阪を発見。

タップすると時計の針が自動的に動き出し、時間を自動で合わせてくれます。

とここまで簡単に書きましたがMi Homeの設定は全て中国語で記載されており苦戦しながら同期させました。

中国も日本と共通の感じを使用しているので何となく意味がわかるものもありましたが細かい設定は訳がわからないので一切使わないことにします。

(修行僧ですから)

これぞスマートウォッチ!

ここが便利

スマホ側の時計と常に同期しているので安いクオーツ時計や機械式時計と比較し時間がずれてくるということがなく非常に便利。

海外旅行先でスマホ操作で時計の時間を合わせることができかなり楽。

ケースはステンレス製、強化ガラス、生活防水対応、本体重量はベルトを含めおよそ43gと軽量、一般的な多くの時計で採用されている電池式(CR2430)を使用しており電池は6ヶ月使用できるようです。

アップルウォッチは、ほぼ毎日充電する必要がありますがXIAOMI MIJIA QUARTZ SMARTWATCHは充電のことを考えなくていいので急な出張の時も楽ですね。

総評

「シンプルイズベスト」という言葉をまさに具現化したような時計です。

シンプルゆえビジネスシーンにもカジュアルにも万能で使用できる、まるでカメレオンのような時計です。

XIAOMI MIJIA QUARTZ SMARTWATCHにはバイブレーターが搭載されているためアラーム設定時刻になると振動でお知らせしてくれデジタル時計的な役割もしてくれるところがグッドです。

生活改善に歩数計の精度や運動のアドバイスを期待されている方もいるかもしれません。

一応、歩数がスマホと時計に表示されますが「ただそれだけ」です。

目標歩数を達成しても何もなく、何キロ歩き、何キロカロリー消費したのかも表示されません。

そのため運動用にスマートウォッチを探しているという方にはオススメはできない商品で大人しくアップルウォッチを買いましょう。

Xiaomiはスマートフォンを皮切りにヒット商品を連発。

イヤフォンは安いながらも高品質な製品で評判がよく今度はスマートウォッチだけでなく時計分野も攻略しようとしています。

ファッションも手がけておりもはや本業は何の会社なのかよくわかりませんがシャオミの株主として応援していきます。

将来性を信じてXiaomi(シャオミ)株を買ってみた 初めての中国株購入

ここ5年ほどデジタルガジェットを中国から輸入して販売する副業をやっておりますが、最近は同様の手法が陳腐化してしまっています。 日本のアマゾンで買っても中華通販サイトで買っても金額差が少ない状況。 その ...

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TERU

静岡県在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中! FacebookとTwitterもやっています! 詳しく見る

-スマートウォッチ・スマートバンド
-,

Copyright© ニューガジェット三昧! , 2019 All Rights Reserved.