MiBand 4にMi Fit以外の文字盤(壁紙)をダウンロードする方法

Xiaomi miband4 MARIO

カラー液晶となり表現の幅が広がったXiaomi MiBand 4。

5月に発売以来、多くの日本人がMiBand 4の商品レビューをアップしており賞賛の声が上がっております。

このブログ「ニューガジェット三昧」では、普通の製品の使用方法を紹介するのではなく、商品を勝手にカスタマイズして、人と違ったおもしろい商品紹介をなるべく書こうと日々努力しています。

そんな中で今回はタイトル通り、MiBand 4に純正以外の文字盤(以下ウォッチフェイス)を導入する方法を紹介します。

これまでスマートウォッチをいろいろ買ってきましたが毎回ウォッチフェイスに関する話題を書いておりスマートウォッチオタクだなと実感します。

あわせて読みたい
【シャオミ】MiBand 4グローバル版をレビュー フレンド登録で競いませんか? シンプルで最高の製品を安価で提供するがモットーのXiaomiがリストバンド型のウェラブルデバイス「Mi Band」シリーズの最新モデル「Mi Band 4」を6月11日に発表。 6月14...
あわせて読みたい
Gear S3にRolexなど有名ブランド時計のウォッチフェイスを導入する方法 サムスンのスマートウォッチ『Gear S3』の最大の魅力はデザインです。 本物の時計みたく見え、服を毎日着替えるようにウォッチフェイスを変えることができるので個人的...
あわせて読みたい
Huawei Watch GTに新しい時計の文字盤をインストールする方法 Huawei Watch GTの最大の弱点はプリセットされたウォッチフェイスしか使用できない点です。 Huawei Watch GT (Active、Elegance)の新しいモデルと新しいウォッチフェイ...
目次

MiBand 4の純正のウォッチフェイスって何?

いきなり定義づけの説明となりますが、MiBand 4の純正のウォッチフェイスとは「Mi fit」アプリ上でダウンロードできる、いわばシャオミオリジナルのものを言います。

可愛いキャラクターやクールな文字盤(壁紙)がたくさん用意されていて、おそらく今後もバージョンアップのたびにラインナップは増えていくと予測します。

でも現状の純正の文字盤は「やっつけ感」と言うか、

「とりあえずリリースまでに20種類文字盤を用意したぜ」

みたいな感じ。

種類はたくさんあるのに本当に実用的な文字盤は2、3個しかないのが現状です。

MiBand 4にウォッチフェイス導入アプリをインストールしよう

そんな状況を打破すべく、どこぞのXiaomiファンがMiBand 4のウォッチフェイスアプリを開発しGoogle Playにまとめてくれました。

残念ながらAndroidのみの対応となりiPhoneでは導入できません。

私は試していませんが、もしかしたら最初にAndroidでウォッチフェイスを導入しておき、その後ファクトリーリセットをせずにiPhoneと接続させれば、もしかしたらiPhoneユーザーも使えるかもしれません。

step
1
MiBand4 – WatchFace for Xiaomi Mi Band 4をダウンロード

まずは、Google Playを立ち上げて「MiBand4 – WatchFace for Xiaomi Mi Band 4」を検索してみてください。

下記のリンクからもダウンロードできます。

[appbox googleplay dev.rokitskiy.miband_watchface]

アプリをインストールしたら早速アプリを立ち上げてみましょう。

step
2
好きな文字盤を選びMiBand 4と同期させる

「MiBand4 – WatchFace for Xiaomi Mi Band 4」を立ち上げると多数の文字盤があることがわかります。

このアプリのいいところは画面のみの写真だけでなく、時計が動いている様子がわかり、バンド部分の写真も載っているため導入した時のイメージが掴みやすい点です。

現状、なかなか手に入らない「MiBand 4アヴェンジャーズモデル」もこのアプリを導入してなんちゃってアヴェンジャーズモデルにしてしまいましょう。

step
3
好きな文字盤を選んだらインストールボタンをタップ

そのままMifitアプリの「マイバンドディスプレイ」の項目にダウンロードされます。

(プロフィール → マイデバイスでMiBand4を選ぶ → トップのバンドディスプレイをタップ)

あとは簡単で導入したいウォッチフェイスを選び、MiBand 4と同期させることで好きなウォッチフェイスを本体に取り込むことができます。

アヴェンジャーズの文字盤の取り込みはやめて、ナイキ風のウォッチフェイスをダウンロードしてみました。

Nike Fuel BandがMiBand 4に移植されたかのような出来です。

シャオミとナイキがコラボして「MiBand 4 Nikeモデル発売!」と宣伝しても誰も疑わないでしょう。

MiBand4 ウォッチフェイス変更

その他にも「マリオオデッセイ」のウォッチフェイスを発見!

MiBand 4は、有機ELディスプレイ搭載のため発色がなかなかキレイです。

写真では画像が粗くなってしまいましたが実際は、写真以上に高精細に見えます!

(ちなみに子供達にウケが良かったです。)

MiBand 4のウォッチフェイスを選ぶのに重要なポイント

MiBand 4はカラーディスプレイになり、ついカラフルなウォッチフェイスを選びたくなりがちです。

先程も紹介しました有機ELディスプレイの特徴は、黒色の表現に長けていること。

黒の部分は発光せず、それ以外のカラーの部分のみディスプレイを発光させることができます。

そのためカラフルな文字盤を選ぶとMiBand 4電力消費が増え、バッテリーの持ちが悪くなります。

  • 「華やかさを選ぶのか」
  • 「電池節約して稼働時間を延ばすのか」

で議論が分かれますが私はバッテリー節約派で上で紹介した、比較的暗めでシンプルなナイキ風のウォッチフェイスが好きです。

MiBand 4を持っている人はとにかくこのアプリを試そう

[appbox googleplay dev.rokitskiy.miband_watchface]

他にもたくさんウォッチフェイスを紹介したかったのですが、続きはご自分のMiBand 4で試してみてください。

MiBand 4をまだお持ちでない方は、この記事から購入可能です。

アマゾンでも発売されていますがAliExpressで安価に購入することをオススメします。

投稿が見つかりません。
Xiaomi miband4 MARIO

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次