スマートウォッチ・スマートバンド

HuaweiWatch GT2にHealth Betaアプリなしでカスタムフェイスを導入する方法

2020年2月21日

これまでHuawei Watch GTなどに自作やカスタムされたウォッチフェイスを導入するには「Huawei Health Beta」を導入するなど、かなり煩雑な手間がかかりました。

今回は、このアプリを導入することなくカスタムウォッチフェイスを楽しむ方法が新たに開発されたので紹介します。

iPhone Androidおすすめスマートウォッチランキング

続きを見る

導入する前の準備

  • Androidの「設定」→「セキュリティ」→「不明なアプリをインストール」をオンにする
  • 開発者向けオプションを出現させる → USBデバッグをオンにする

 

それとTaichiというアプリを導入しますが、これを入れる事で使えなくアプリが出てくる事がありますので覚悟してやってみて下さい。

(特にスマホでゲームをやりこんでいる方は、Taichiを入れる事でチートしているとみなされ、ゲームや他のアプリが起動しなくなる恐れがあります。)

全体的な流れはこちらを参考に

Tai Chiのインストール方法

taichi xpose

今回の方法は「Tai Chi」というアプリを導入するやり方です。

iPhoneユーザーの方は残念ながらできませんので安いSIMフリーのAndroid端末を買って試してください。

このTai Chiというアプリは非root端末でも簡単に一部のアプリのみroot化させることができるものです。

原理は面倒なので敢えて書きませんが、リスクを伴うので注意して下記のリンクからダウンロードしてください。

 

Multiple faces v1

ダウンロード

FaceBook: Huawei Watch GT & Watch GT 2 owners club より転載

「Tai Chi」をまず導入します。

真ん中の方にダウンロードリンクがあるのでここからapkファイルをダウンロードする。

taichi xpose

そしてtaichiをインストール、アプリを立ち上げて、この中からHuawei  HealthとHuawei Mobile Service、Multiple Face V1をインストールすることで使えるようになるらしいです。


taichi huaweiwatch gt2

私自身も現在挑戦していますがある部分が上手くいかず悩んでます。

Huaweiヘルスケアが起動しなくなった時の対処方法

私は、ヘルスケアアプリが起動しなくなってしまい困ってしまいました。

起動の際にHuawei Mobile Serviceの最新バージョンをインストールするようにというアラートが出ていました。

Google Playを探してみても「Huawei Mobile Service 3.0.2.301」バージョンしか見当たりません。

TERU
やる気あるのかファーウェイ!

Huawei Mobile Service 3.0.301以上のアップデートを求められた場合

Huaweiモバイルサービスをアップデートできずに途方に暮れていましたが、あることを閃きました。

TERU
APKファイルを探してきて、そこからダウンロードすればいいんだ!

という訳で無事に解決しました。

Huawei Mobile Service 4.0.0.337はこちらからダウンロードできます。

Tai ChiとHuawei ヘルスケアアプリ導入が完了しました

遂にカスタムウォッチフェイスの導入に成功しました。

私のコレクションを御覧下さい。

Rolex Daytona 

Huawei watch gt2 Rolex

Grand SEIKO

Seiko huawei watch gt2

OMEGA SPEED MASTER

よく分からないけど立体感のある文字盤

各文字盤にウォッチフェイス職人のこだわりが感じられ、色々比べてみるのが楽しいです。

皆さんも自己責任でトライしてみてはいかがですか?

文字盤は下の過去の記事からダウンロードできます。

Seiko huawei watch gt2
Huawei Watch GT/GT2に有名ブランドのウォッチフェイスを導入する方法

続きを見る

写真の通り、私はHuawei Watch GT 2のスポーツモデルを使っています。

カスタムウォッチフェイスを導入できるようになってからというもの、なんで最初からクラシックモデル(シルバー)にしなかったんだと後悔しています。

確かにシルバーのモデルはスポーツモデルより高いです。

しかし、シルバーの方がいろんな文字盤に合わせやすいのでお金に余裕のある方はクラシックモデル(シルバー)の購入をおススメします。

ダウンロードしたウォッチフェイスはDCIMフォルダに入れる

ウォッチフェイスをインストールしたけど表示されないという場合は、ダウンロードフォルダではなく、「DCIMフォルダー」に移行しましょう。

Huawei Watch GT2レビュー 初代との違い、ストレス計測、文字盤まとめ

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

TERU

静岡県在住のサラリーマンです。 ブログと副業を実践し会社の給料だけに頼らない生き方を研究中!FacebookとTwitterもやっています!プロフィールを見る

-スマートウォッチ・スマートバンド
-,

© 2020 ニューガジェット三昧!