中華エミュレーター

RK2020にTheRA2.4NTFSとEMUELECのCFW(カスタムファームウェア)導入する方法

TERU
Hey Guys!

RK2020とPowkiddy RGB10を購入してから、ここのところ情報収集に精をだしております。

今回、カスタムファームウェア(以下、CFW)の導入方法が分かったので、皆さんにも分かりやすく情報を共有させていただければと思います。

TERU
まず、CFWって何という方いませんか?

という方に説明をしますと、RK2020やPowkiddy RGB10が車だとしたら、CFWは、その車に搭載されたカーナビみたいなものだと思ってください。

最終的にどちらも同じ行き先に行けますが、ナビの操作方法が違ったり、到着までのルートが違ったりと「操作性の違いみたいなもの」を楽しむことができるのです。

女役
その例え、分かりにくいわ・・・

私が調べたところ、RK2020やPowkiddy RGB10(Odroid Go Advance系)の中華エミュには、大まかに「EMUELEC」、「TheRA2.4NTFS」、「BATOTHERA」などのCFWがあるそうです。

今回は、「EMUELEC」、「TheRA2.4NTFS」のCFWの導入方法について解説します。

なお、今回の記事は、中華エミュ機の名機「RG350M」では、使えません。

Odroid Go Advance系の中華エミュ機が対象です。

ただし、やり方に共通点があります。

RG350M実機レビュー 中華エミュレーターに名を残すであろう名機が登場

続きを見る

CFWを導入の準備

用意するもの

■ RK2020

RK2020レトロゲームコンソール
Window-pick

■ Powkiddy RGB10

RGB10ゲームコンソール
Jiaia

■ Windows PC

本記事はWindows版の解説です。

■ Micro SDカード ×1枚(既存の物を書き換えせずに新規SDの利用をお勧めします)

導入に使用するアプリケーション

SD FORMATTER

Win32 DiskImager

カスタムファームウェア(CFW)

EMUELEC

TheRA2.4 NTFS

中華エミュレーターにCFWをインストールする流れ

step
1
RK2020、Powkiddy RGB10用のCFW(EMUELEC or TheRA 2.4NTFS)をダウンロード

step
2
ダウンロードしたファイルを解凍

step
3
Micro SDカードをフォーマットする

step
4
Win32 Diskmanagerでイメージファイルをmicro-SDに書き込み

step
5
本体に装着してCFWアップデータファイルのインストール

それでは、まず「EMUELEC」の導入方法から解説します。

次に「THeRA 2.4NTFS」の導入方法も説明しますが、当然ながらどちらか1つしかインストールできません。

TERU
でも、micro-SDカードを使い分けることで両方楽しめます。

EMUELEC

EMUELEC

EMUELECは2020年8月14日時点で最新バージョンは、3.7です。

今回は3.7を入れていきます。

まず、上のボタンを押してEMUELECのサイトに飛びます。

このような画面が出てくるので下にスクロールします。

いろいろダウンロードリンクがあって迷ってしまいますが

EmuELEC-Amlogic.arm-3.7-Odroid_C2.img.gz

を見つけます。(末尾がimg.gzで終わる)

このファイルを選択したらダウンロードを開始

PCの好きなところにダウンロードしたらファイルを解凍します。

「gz」ファイル型式ですが私は、7Zipというソフトでファイルを解凍しました。

次は、TheRa 2.4NTFSの解説に移ります。

TheRA 2.4NTFS

TheRa2.4 NTFS

上のボタンを押すと上記の写真の画面になります。

右側の四角で囲んであるリンクをクリック。

下の方にスクロールすると・・・

ダウンロードリンクが出てくるので、好きなリンクをクリック。

ちなみに私はGoogleドライブからダウンロードしました。

ダウンロードしたTheRA 2.4NTFSのファイルは、7zipで圧縮されていたのでEMUELECの時と同様に解凍します。

micro-SDカードをフォーマットしてimageファイルを書き込む

TERU
ちょっと書くのが疲れてきたので端折っていきますよ。

冒頭で紹介した、SD FORMATTERでmicro-SDカードをフォーマットします。

SD FORMATTER

フォーマットが完了したら、Win32 DiskImagerを起動。

Win32 DiskImager

Win32 DiskImagerでimgファイルをmicro-SDに書き込んでいきます。

完成したら本体にmicro-SDカードを挿入し電源を入れると本体側で自動的にインストールが始まりますのでひたすら待つのみ!

↑ 完成した写真がないので適当な写真を使いまわしてます。

TheRA 2.4NTFSの場合は、1回目にmicro-SDカードのパーティション設定がありますが自動でやってくれるのでAボタンを押す。

もう1度再起動したらAボタンを押して再起動。

これで完成です。

Romの追加方法やキーマッピングの方法は今後追記していく予定です。

まとめ

最初は、面倒に思うかもしれませんが一度やってしまえば、やり方をすぐに覚えれると思います。

TERU
それでは、みなさん楽しい中華エミュライフを!
RK2020レトロゲームコンソール
Window-pick
RK2020にパープル(紫)カラーが新登場したので今さらながら買ってみた!

続きを見る

RGB10ゲームコンソール
Jiaia
PowKiddy RGB10レビュー 兄弟機のRK2020との比較をしてみました

続きを見る

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-中華エミュレーター
-, ,

© 2020 ニューガジェット三昧! Powered by AFFINGER5